第38回四国ブロック大会西条大会実行委員長のブログ

西条YEG 第38代会長だった高瀬裕介です。時計・宝飾・メガネのタカセを営んでおります。気楽に書きたいと思います。

本来なら今晩は花火大会なんよね。

f:id:yusuke-takase:20200814134336j:plain

今月23日に西条市でイベントが開催されます。

「ふりむけば壬生川」

通称~ふりにゅう~

peraichi.com昨年に産声を上げたイベント。

私も遊びに行きましたが、

創意と工夫、実行委員会の情熱の詰まった最高のイベントでした。

f:id:yusuke-takase:20200814134640j:image

今年はコロナでどうするのかな?と気になっていました、

紺屋町の夏の風物詩「紺屋町BAR」は中止を発表していましたので。

f:id:yusuke-takase:20200814134643j:plain

今年は対コロナで各店舗を巡ってのイベントに変更、

現状に対応しての開催です。

f:id:yusuke-takase:20200814134656j:image

以前、村上実行委員長と話した時に、

「夜市と違って、生まれたばかりのイベント。今年開催せんかったら、

誰1人として覚えていないと思う。だから今年は何が何でも第2回目を開催するんよ」

そう熱く話してくれました。 

当日は各店舗で盛り上がること間違いなしですね。

f:id:yusuke-takase:20200814142208j:plain

コロナの影響が長引いています、

というか終わりが見えません。

今年、数多くのイベントが中止になりましたが、

来年度はどうするか?

来春に開催するイベントの実行委員会では、

そういった話が出てくるころです。

f:id:yusuke-takase:20200814143426j:plain

私が実行委員長の「さんぶん」

西条市産業文化フェスティバルもそうです。

そろそろ来年度の開催内容の検討を始める必要があります。

f:id:yusuke-takase:20200814142902j:plain

コロナが長引いてるし、中止でいいんでは?

そう答えを出すのは簡単。

間違いでもないと思います。

でも、

市民の皆さんから「さんぶん」ってイベントは消えていき、

主催者側も「もうこれを機に止めてもいいんじゃない?」ってなる気がします。

村上実行委員長を見習って、

出来ることはないか?やり方を工夫出来ないか?

近いうちに開催される実行委員会で、

多くのアイデアを出し合ってみたいと思います。