2019年度西条YEG会長だった人のブログ

西条YEG 第38代会長・第38回四国ブロック大会西条大会、実行委員長だった高瀬裕介です。時計・宝飾・メガネのタカセを営んでおります。気楽に書きたいと思います。

その先にあるモノ

会長は、

時に歴代会長に相談する。

f:id:yusuke-takase:20220930090517j:image

その時のために、

歴代会長に顧問、相談役というポジションをお願いする。

経験に基づいて意見をくれたり、

悩みを聞いてくれる。

聞いてくれるだけで、

楽になったりする。

もちろん、僕もそうだった。

でも結局、

悩み、考え抜き、

決断するのは会長1人である。

その答えが誰かに負担をかけ、

誰かを苦労させることになっても、

その人を想い、

西条YEGを想うのなら。

次年度愛媛県連会長予定者の、

大洲YEGの一平君が今治大会での挨拶で言っていた言葉、

「子供のころの勉強は、正解のある問題を解いていた」

「大人になってからは、正解のない問題が多い」

YEG活動も正にそう。

f:id:yusuke-takase:20220930090539j:image

個性豊かな西条YEGメンバー100名、

考え方、経験値も色々。

まとめるなんて不可能、

色々な道を、

それぞれの速度で進み、

最後は同じゴールを目指せばいい。

f:id:yusuke-takase:20220930090603j:image

会長にしか見えない、

会長職が終わった途端に見えなくなる景色がある。

 

求めあう関係

少し前に、日本YEGの事業のVLPトレーニングに参加して、

そこで、久しぶりに日本YEG会長の話を聞いた。

f:id:yusuke-takase:20220802130635j:image

今年度が始まって、ブロック大会の主管年度が終わって以降、

日本YEGの会長を意識していない。

スローガンも覚えていないし、

挨拶もまともに聞いたことがない。

それではダメなんだとは思うが。

あくまで個人的ではあるが、

西条大会の準備が始まる前の花山年度あたりに戻った感じがする、

日本YEGとの距離が。

そう、あくまで個人的には。

加藤会長時の内田さんが強烈すぎたのもあるのか、

色々な会で懇親を深めたこともあり、

それ以降の会長はよく覚えている。

日本YEGとの距離が近いから良いというものでもないとは思うが、

四国ブロック西条大会をきっかけに、

日本YEGや他単会との近くなった距離は大事にしていくといいんだと思う。

令和7年度の県大会も控えているし。

津島副会長がいるうちは大丈夫な気もするが・・。

 

挑戦者の見る世界

YEG活動はバランスが大切である。

よく言われるし、本当にそう思う。

f:id:yusuke-takase:20220922181342j:image

「仕事」「家庭」「YEG」

このバランスが崩れながら活動をしていると、

いずれ破綻してしまう。

 

ただし例外もある。

会長の時は、準備期間を含めた1年半は「YEG」が最優先になる。

バランスを取ることは不可能。

f:id:yusuke-takase:20220922181421j:image

今回の視察研修もド平日の1泊2日ということで、

担当委員会としても「挑戦」した企画だった。

f:id:yusuke-takase:20220922181542j:image

そこに、

参加したメンバーも仕事や家庭の都合を調整して、

視察に参加してくれた挑戦者。

f:id:yusuke-takase:20220922181552j:image

そんな挑戦者達は、

視察に参加出来た喜びを、

西条YEGメンバーと共に過ごす時間を、

岩国の地で噛みしめていた。

f:id:yusuke-takase:20220922181559j:image

やはり、視察は10回の例会に匹敵する経験になる。

行った者しかわからない貴重な経験になった。

f:id:yusuke-takase:20220922181614j:image

 

会長、よろしくお願いします。

7月に開催された、

愛媛県大会今治大会。

久しぶりのリアル開催の県大会は非常に楽しく、

いい経験が出来た。

その講演会に登場し、

懇親会にも顔を出してくれたのが道端カレンさん。

その彼女が少し前に、Yahooニュースで取り上げられていた。

詳しくは覚えていないが、

引き締まった肉体美で、

何かの大会で優勝したとのこと。

あの今治大会以降も仕上げていったのだろう、

ストイックに美を求めている。

 

私もダイエットを始めて2か月ちょい、

緩やかにダイエットを進めているが、

最大78キロあった体重が70キロまで落ちたが、

そこからは少し戻ったりとなかなか。

とりあえず、会長職が終わった時までは戻した。

次の目標は65キロ。

愛媛マラソンまでに最低でもここまでは持っていきたい。

f:id:yusuke-takase:20220918094119j:image

懇親会もほぼ通常開催になった現在、

かなり意識しないと痩せない、

というか増えそう。

f:id:yusuke-takase:20220918091416j:image

美味しそうな料理を食べすぎないように、

もっと食べたい時には、

会長に代わりに食べてもらって、

ダイエットに励むとしよう。

f:id:yusuke-takase:20220918091219j:image

 

その先にあるもの

ついに、ついにである。

いつから申し込みを始めただろう?

確か、加藤会長年度だった気がする。

次年度も申込しないかんよ的な感じで。

f:id:yusuke-takase:20220909084857j:image

その後、

会長年度はもちろん、

それ以降は申込を続けたが落選していたが、

ついに愛媛マラソン当選の通知が。

f:id:yusuke-takase:20220909084915j:image

メールを見た瞬間に嬉しい気持ちと、

「ヤバい・・走らないかん・・」という気持ち。

弱い気持ちを振り払うために即入金。

お金を払ってまで、42キロを走るのだ。

これまでも西条YEGの多くのメンバーが完走してきた。

あのバイク屋も、

f:id:yusuke-takase:20220909084924j:image

あの引越し屋も、

f:id:yusuke-takase:20220909084939j:image

あの蕎麦屋のパイセンも。

皆、赤ポロを着て頑張ったのだ。

f:id:yusuke-takase:20220909084946j:image

私も、赤ポロを着て、

ゴールテープの向こう側にある景色を見てみたい。

足のケガと相談しながら、

ランニングを再開していこう。

 

今年度は西条YEGメンバーも当選者が多い。

石川会長を筆頭に、

西条YEGのメンバーと完走して、

美味い酒を飲みたいと思う。

 

限りある時間

毎月ある例会アワーだが、

担当になると少々プレッシャーなのが、

3月卒業例会。

4月の年度初めも緊張するが、

やることがほぼ決まっているので、

そこまでではない。

卒業例会は卒業証書授与式や送辞答辞など、

決まり事もあるが、やり方は自由。

派手に飲食ありでやるのか、

厳かにピシッとやるのかは委員会次第。

会長時代の卒業例会は、

コロナの出始めで飲食無しで、

会議所での短縮例会。

f:id:yusuke-takase:20220905084808j:image

これはこれで良かった。

岡田先輩の答辞にも助けられたが。

f:id:yusuke-takase:20220905084854j:image

果たして、

今年度の3月はどうなるのか?

Mr.YEGの安ちゃんをどう送り出すのか?

石川年度の最後の例会でもある3月例会。

今年のスローガンの「挑戦」を表したような

例会になると最高。

担当委員会の応援として、

楽しみと不安が半々かな(⌒-⌒; )

リーダー

会長だから、

委員長だから、

自分で全部やる必要はない。

わからないことも聞けばいい。

f:id:yusuke-takase:20220829090658j:image

わからないまま進むと、

周りに迷惑をかけてしまう。

まぁ、不安にさせないように、

聞き方や確認の仕方は大事だとは思う。

そして、そのあとの決断や動き方も。

f:id:yusuke-takase:20220829090721j:image

特に今は、電話での確認もあるが、

LINEやメッセンジャーのグループでの確認が多く、

文字が独り歩きしてしまう時があるのが怖い。

f:id:yusuke-takase:20220829180311j:image

そこらへんをしっかり注意して、

周りの人間からの信頼を得て、

長たる自分を助けてもらう、

ついてきてもらうのがリーダーなのかなと。

自分が委員長の時に、

会長や実行委員長の時に出来ていたかは、

置いておいて。