第38回四国ブロック大会西条大会実行委員長のブログ

西条YEG 第38代会長の高瀬裕介です。時計・宝飾・メガネのタカセを営んでおります。気楽に書きたいと思います。

段取り八分の仕事二分

1月30日に四国ブロック商工会議所青年部連合会の役員会が、

来年度の四国ブロック大会開催地の西条市で開催されます。

f:id:yusuke-takase:20210109111557j:image

その設えは西条YEGが担当ということで、

先日、実際の会場で打ち合わせを行いました。

f:id:yusuke-takase:20210109111638j:image

担当は西条YEGが誇る破天荒、

津島部会長率いる諸会議部会。

寺町委員長、

次年度四国ブロックの専務理事予定者の花山君も交えて、

綿密に打ち合わせしています。

f:id:yusuke-takase:20210109111653j:image

現在も一部地域に緊急事態宣言が出るなど、

一向に終息の気配を見せないコロナ問題。

YEG活動にも色々と制限が出て、

役員会の開催もどうなるかわからない。

f:id:yusuke-takase:20210109111707j:image

ただ、準備をしておかないと、

いざという時に何も出来ない。

f:id:yusuke-takase:20210109111719j:image

感染防止対策、WEB対策などあらゆる状況を想定し、

考え用意しておく。

この話し合いや、実際経験するコロナ対策など、

それら全てが自企業の今後に生きてくると思います。

f:id:yusuke-takase:20210109111734j:image

出来ることを出来る範囲でする、

もちろん、やるべきことは当然やって。

担当部会を中心に、

当日までに今後も現場での打ち合わせ、

さらには実行委員会も開催して、

万全の準備をしたいと思います。

四国ブロックの皆さま、

よろしくお願いします。 

f:id:yusuke-takase:20210109111836j:image

さぁ、頑張っていきますか!

日本商工会議所青年部 ブロック大会」

経済・社会環境が大きく変化する中で、

企業と地域社会の次代を担う青年経済人が互いに交流と連携の輪を拡げ、

企業の発展と豊かな地域社会の形成に果たす商工会議所の役割を認識し、

その実現のために青年経済人として、

何をなすべきかを研究し研鑽することを目的とする。

f:id:yusuke-takase:20201027101628j:plain

コロナに翻弄された今年、

日本商工会議所青年部 

第38回四国ブロック大会西条大会の

実行委員長として、

これまで9回の実行委員会を開催してきました。

f:id:yusuke-takase:20201027101647j:image

コロナ禍で開催された10月の丸亀大会。

検温・消毒・マスクは当然、リモート参加など来場数の制限、

分科会・大懇親会などの中止など、

万全のコロナ対策をしての開催。

開催自体に賛否あると思いますが、現地で参加して思いました。f:id:yusuke-takase:20201023174220j:plain

「最高の丸亀大会、素晴らしい式典だった」

「YEGらしい素晴らしい交流の時間だった」

「次は西条。コロナ禍でどこまでやれるか挑戦じゃ」

矢野四国ブロック代表、竹上大会会長、馬場実行委員長、

そして丸亀YEGメンバーの創意と工夫、勇気と情熱を肌で感じることが出来ました。

f:id:yusuke-takase:20201024143943j:plain

来年9月10日に開催予定の西条大会。

そこに辿り着くまでに、

コロナの影響も引き続きあり、

それ以外にも想像を絶する多くの問題が出てくると思います。

f:id:yusuke-takase:20201229150018j:image

魅力満点のクセの強い西条YEGのメンバーと、

ケンカしながら、

楽しみながら進みたいと思います。f:id:yusuke-takase:20201023174148j:plain

あの日の馬場実行委員長の言葉、

私のココロにしっかりと残っています。

実行委員長の熱く重たいバトン、

ありがとう。

しっかり受け取りました。

f:id:yusuke-takase:20201023174245j:image

 

と、

硬いことばかり書いていますが、

f:id:yusuke-takase:20201024144021j:imageスローガンの副題にも入れていますが、

私は楽しいことが好きです、

笑顔が好きです。

f:id:yusuke-takase:20201023174258j:image

西条YEG単会会長時代、

紺屋町青年団団長時代もそうですが、

今回もメンバーが笑顔になるように、

実行委員長として頑張っていきます。

f:id:yusuke-takase:20201227181757j:image

来年から実行委員長として、

広報活動の一環となるように、

西条YEG公式フェイスブックにブログを時々ですが書いていきます。

西条商工会議所青年部 | Facebook

西条市の皆様、

四国、全国のYEGメンバーの皆様、

そして、西条YEGのみんな、

よろしくお願いします。

f:id:yusuke-takase:20201229150136j:image

 

 

 

本来なら今晩は花火大会なんよね。

f:id:yusuke-takase:20200814134336j:plain

今月23日に西条市でイベントが開催されます。

「ふりむけば壬生川」

通称~ふりにゅう~

peraichi.com昨年に産声を上げたイベント。

私も遊びに行きましたが、

創意と工夫、実行委員会の情熱の詰まった最高のイベントでした。

f:id:yusuke-takase:20200814134640j:image

今年はコロナでどうするのかな?と気になっていました、

紺屋町の夏の風物詩「紺屋町BAR」は中止を発表していましたので。

f:id:yusuke-takase:20200814134643j:plain

今年は対コロナで各店舗を巡ってのイベントに変更、

現状に対応しての開催です。

f:id:yusuke-takase:20200814134656j:image

以前、村上実行委員長と話した時に、

「夜市と違って、生まれたばかりのイベント。今年開催せんかったら、

誰1人として覚えていないと思う。だから今年は何が何でも第2回目を開催するんよ」

そう熱く話してくれました。 

当日は各店舗で盛り上がること間違いなしですね。

f:id:yusuke-takase:20200814142208j:plain

コロナの影響が長引いています、

というか終わりが見えません。

今年、数多くのイベントが中止になりましたが、

来年度はどうするか?

来春に開催するイベントの実行委員会では、

そういった話が出てくるころです。

f:id:yusuke-takase:20200814143426j:plain

私が実行委員長の「さんぶん」

西条市産業文化フェスティバルもそうです。

そろそろ来年度の開催内容の検討を始める必要があります。

f:id:yusuke-takase:20200814142902j:plain

コロナが長引いてるし、中止でいいんでは?

そう答えを出すのは簡単。

間違いでもないと思います。

でも、

市民の皆さんから「さんぶん」ってイベントは消えていき、

主催者側も「もうこれを機に止めてもいいんじゃない?」ってなる気がします。

村上実行委員長を見習って、

出来ることはないか?やり方を工夫出来ないか?

近いうちに開催される実行委員会で、

多くのアイデアを出し合ってみたいと思います。

 

 

ジッとしていられない

西条YEG会長毎日ブログが終わって、

しばらくの間はブログを書いていませんでした。 

正直、

もう書くことはないかと思っていましたが、

ここ最近書いています。

f:id:yusuke-takase:20200511091623j:image

会長ブログの時は西条YEGの広報活動として書いていましたが、

今はほぼ自分のためかな。

 

ブログを再開することになったのは、

今回の新型コロナウィルス感染症に伴う、

活動自粛など様々な環境の変化がキッカケだと思う。

f:id:yusuke-takase:20200511091651j:image

自営業としての厳しい戦いの中、

新しい時代に残れるように、

新しいサービスを考えたり、

何か動かなければと焦ったりとストレスで、

ジッとしていると参ってしまいそうです。

 

最近よく言われています、

「もうコロナ以前の日常には戻らない」

f:id:yusuke-takase:20200511090812j:plain

変わらないモノもあると思うけど、

確かに、コロナウィルス前とは色々と変わってくると思う。

 

じゃぁ、僕の商売も生活も変化が必要で、

時代に残されないように、

必死でしがみついていけるように、

その方法を考える毎日です。

 

そのストレスの発散手段として、

ブログを書いている気がします。

創意と工夫、

勇気と情熱で頑張っていこ。

 

物販もがんばろう!

新型コロナウィルス感染症

これによって色々なモノが店頭から無くなっています。

マスクや消毒液が代表例ですが、

スイッチなどのゲーム機も需要の高まりと、

生産拠点が中国だったのも相まって店頭にないみたいですね。

f:id:yusuke-takase:20200430172153j:image

なんて他人事のように思っていたら、

うちにも波が来ました。

何かというと、まずはメガネの曇りどめ。

f:id:yusuke-takase:20200430172736j:plain

これはマスクが品薄になっていた状況で想像はしていまして、

それなりに数は確保していましたが店頭在庫は僅かになり、

メーカー在庫も無く今月下旬の入荷予定です。

 

そして、想像していないモノもありました、

それは体温計の中のボタン電池 。

先日、あるところから注文が来まして、

その数30個。

f:id:yusuke-takase:20200430182102j:image

SR41SWというタイプ、

取引業者をあたって何とか確保出来ましたが、

どこも品薄だそうです。

 

この新型コロナウィルス感染症

飲食店は本当に大変だと思いますが、

我々小売業界も大変。

モノを買う雰囲気ではない現状で、

特に宝飾や服飾など、

生活必需品以外の小売店は厳しい状況です。

ただ、このボタン電池や曇り止めのように、

宝飾品なども何かしらの理由で必要としている人はいるかもしれない。

 

いや、たぶん待っているはず、

うちがお役にたてる商品やサービスがあるはず。

 

そんなことも思い、

そんな困った人がいないかと想像し考えてみています。

今のところ浮かびませんが・・・。

とりあえず、

給付金など申請を進めよ(>_>)

 

 

 

 

笑顔の裏側

「プッシュアップチャレンジ」

何やらよく分からないバトンが回ってきたのは数日前。

f:id:yusuke-takase:20200503111936p:image

今回の新型コロナウィルス感染症の最前線で、

命を懸けて頑張っている医療従事者を応援する意味合いみたい。

f:id:yusuke-takase:20200503150101j:image

西条YEGの仲間からのバトン、

直前会長として受けない訳にはいかないと、

頑張りました。

f:id:yusuke-takase:20200503150114j:image

その後、

SNS上では西条YEGのメンバーにドンドン広がっています。

f:id:yusuke-takase:20200503112009p:image

SNS上のこういった動きに批判的な意見もあると思う、

っていうか僕もそうだった。

これをやって医療従事者の応援になってるのか?

そうも思う。

f:id:yusuke-takase:20200503112021p:image

でも、

少しかもしれませんが、

たぶん応援になってる。

f:id:yusuke-takase:20200503150137p:image

西条YEGメンバーが腕立てを頑張る姿、

創意と工夫で面白く腕立てをするメンバー。

 

そして、

腕立てをするみんなが、

コロナウィルスの影響で自企業がしんどい状況のはずですが、

前を向いて笑顔で腕立てする姿に勇気を貰いました。

f:id:yusuke-takase:20200503150152j:image

それらを見ていると、

「あぁ、早くみんなで一緒に酒飲んで、バカ言い合いたいな」

そう強く思いました。

f:id:yusuke-takase:20200503151810p:image

じゃぁ、そのためには?

自粛すべきはして、

コロナウィルスが広がらないように行動することしかない。

それが医療従事者の方を応援することになるのかなと思う。

f:id:yusuke-takase:20200503112057p:image

それを再確認するキッカケとなった腕立て伏せ。

だから、

このプッシュアップチャレンジも意味がある気がします。

しかし、

この腕立ての動画のスクショ、

土下座にしか見えない(>_<)

 

ドラえもんのチカラは凄い気がする

「4月29日」

昨日は「さんぶん」が開催される日でした。

20回目の記念になるはずでしたが、

もちろん中止。

見事なまでの快晴で、

きっと開催されていたら多くの人で賑わっていたはず。

f:id:yusuke-takase:20200430091002j:plain

でも、しょうがない。

今は我慢、とにかく耐えるしかない。

大人も子供もみんなで、

いつか戻る日常のために。

 

我々、自営業者も創意と工夫、

連帯のチカラで耐え、

生き抜くしかない。

f:id:yusuke-takase:20200430090315j:plainこのドラえもんの言葉じゃないけど、

諦めずに、

考えることをやめずに、

頑張っていくしかない。

 

正直しんどいけどね・・。