2019年度 西条商工会議所青年部会長だった男のブログ

第38代会長の高瀬裕介です。時計・宝飾・メガネのタカセを営んでおります。気楽に書きたいと思います。

ジッとしていられない

西条YEG会長毎日ブログが終わって、

しばらくの間はブログを書いていませんでした。 

正直、

もう書くことはないかと思っていましたが、

ここ最近書いています。

f:id:yusuke-takase:20200511091623j:image

会長ブログの時は西条YEGの広報活動として書いていましたが、

今はほぼ自分のためかな。

 

ブログを再開することになったのは、

今回の新型コロナウィルス感染症に伴う、

活動自粛など様々な環境の変化がキッカケだと思う。

f:id:yusuke-takase:20200511091651j:image

自営業としての厳しい戦いの中、

新しい時代に残れるように、

新しいサービスを考えたり、

何か動かなければと焦ったりとストレスで、

ジッとしていると参ってしまいそうです。

 

最近よく言われています、

「もうコロナ以前の日常には戻らない」

f:id:yusuke-takase:20200511090812j:plain

変わらないモノもあると思うけど、

確かに、コロナウィルス前とは色々と変わってくると思う。

 

じゃぁ、僕の商売も生活も変化が必要で、

時代に残されないように、

必死でしがみついていけるように、

その方法を考える毎日です。

 

そのストレスの発散手段として、

ブログを書いている気がします。

創意と工夫、

勇気と情熱で頑張っていこ。

 

物販もがんばろう!

新型コロナウィルス感染症

これによって色々なモノが店頭から無くなっています。

マスクや消毒液が代表例ですが、

スイッチなどのゲーム機も需要の高まりと、

生産拠点が中国だったのも相まって店頭にないみたいですね。

f:id:yusuke-takase:20200430172153j:image

なんて他人事のように思っていたら、

うちにも波が来ました。

何かというと、まずはメガネの曇りどめ。

f:id:yusuke-takase:20200430172736j:plain

これはマスクが品薄になっていた状況で想像はしていまして、

それなりに数は確保していましたが店頭在庫は僅かになり、

メーカー在庫も無く今月下旬の入荷予定です。

 

そして、想像していないモノもありました、

それは体温計の中のボタン電池 。

先日、あるところから注文が来まして、

その数30個。

f:id:yusuke-takase:20200430182102j:image

SR41SWというタイプ、

取引業者をあたって何とか確保出来ましたが、

どこも品薄だそうです。

 

この新型コロナウィルス感染症

飲食店は本当に大変だと思いますが、

我々小売業界も大変。

モノを買う雰囲気ではない現状で、

特に宝飾や服飾など、

生活必需品以外の小売店は厳しい状況です。

ただ、このボタン電池や曇り止めのように、

宝飾品なども何かしらの理由で必要としている人はいるかもしれない。

 

いや、たぶん待っているはず、

うちがお役にたてる商品やサービスがあるはず。

 

そんなことも思い、

そんな困った人がいないかと想像し考えてみています。

今のところ浮かびませんが・・・。

とりあえず、

給付金など申請を進めよ(>_>)

 

 

 

 

笑顔の裏側

「プッシュアップチャレンジ」

何やらよく分からないバトンが回ってきたのは数日前。

f:id:yusuke-takase:20200503111936p:image

今回の新型コロナウィルス感染症の最前線で、

命を懸けて頑張っている医療従事者を応援する意味合いみたい。

f:id:yusuke-takase:20200503150101j:image

西条YEGの仲間からのバトン、

直前会長として受けない訳にはいかないと、

頑張りました。

f:id:yusuke-takase:20200503150114j:image

その後、

SNS上では西条YEGのメンバーにドンドン広がっています。

f:id:yusuke-takase:20200503112009p:image

SNS上のこういった動きに批判的な意見もあると思う、

っていうか僕もそうだった。

これをやって医療従事者の応援になってるのか?

そうも思う。

f:id:yusuke-takase:20200503112021p:image

でも、

少しかもしれませんが、

たぶん応援になってる。

f:id:yusuke-takase:20200503150137p:image

西条YEGメンバーが腕立てを頑張る姿、

創意と工夫で面白く腕立てをするメンバー。

 

そして、

腕立てをするみんなが、

コロナウィルスの影響で自企業がしんどい状況のはずですが、

前を向いて笑顔で腕立てする姿に勇気を貰いました。

f:id:yusuke-takase:20200503150152j:image

それらを見ていると、

「あぁ、早くみんなで一緒に酒飲んで、バカ言い合いたいな」

そう強く思いました。

f:id:yusuke-takase:20200503151810p:image

じゃぁ、そのためには?

自粛すべきはして、

コロナウィルスが広がらないように行動することしかない。

それが医療従事者の方を応援することになるのかなと思う。

f:id:yusuke-takase:20200503112057p:image

それを再確認するキッカケとなった腕立て伏せ。

だから、

このプッシュアップチャレンジも意味がある気がします。

しかし、

この腕立ての動画のスクショ、

土下座にしか見えない(>_<)

 

ドラえもんのチカラは凄い気がする

「4月29日」

昨日は「さんぶん」が開催される日でした。

20回目の記念になるはずでしたが、

もちろん中止。

見事なまでの快晴で、

きっと開催されていたら多くの人で賑わっていたはず。

f:id:yusuke-takase:20200430091002j:plain

でも、しょうがない。

今は我慢、とにかく耐えるしかない。

大人も子供もみんなで、

いつか戻る日常のために。

 

我々、自営業者も創意と工夫、

連帯のチカラで耐え、

生き抜くしかない。

f:id:yusuke-takase:20200430090315j:plainこのドラえもんの言葉じゃないけど、

諦めずに、

考えることをやめずに、

頑張っていくしかない。

 

正直しんどいけどね・・。

 

生き抜いていかねば・・

昨年度は団体の長を2つしていました。

f:id:yusuke-takase:20200413213211j:image

西条YEGの会長と、

紺屋町青年団の団長。

f:id:yusuke-takase:20200413213331j:image

それぞれの任期が終わり、

次の長にバトンを渡しました。

f:id:yusuke-takase:20200413213503j:image

そして今回の新型コロナウィルス。

多くの団体が対応に追われています。

正直、

仕事や子供の事で団体の事などやっている場合じゃなくなってきています。

f:id:yusuke-takase:20200413213600j:image

でも、長たる人間はそうはいかない。

動くにしろ、

止まるにしろ、

何かしらの決断をしないといけない。

今年度、リーダーを任されている人は、

本当に大変だと思う。

f:id:yusuke-takase:20200413213622j:image

今の長の助けになればと、

団体について考えますが、

何かが違う。

何かが足りない気がする、

最後の最後の何かが。

f:id:yusuke-takase:20200413213650j:plain

その最後の何かを感じ、

考えることを止めることなく、

考えて決断する。

それが長たる人間が持つ責任や、

団体に対する愛なんかなと思う。

 

新型コロナウィルス感染症

誰もが未経験の世界。

絶対的な正解がない問題に直面し、

世の中の多くのリーダー達が悩み、

苦しんでいる。

 

気の利いたアドバイスも出来ませんが、

直前会長、

直前団長として、

何か出来ることを考えてみたいと思います。

 

もちろん、

まずは、

自分の店を何とかしてからです。

生き残らなければ・・・。

 

 

 

最後の一歩

f:id:yusuke-takase:20190320185114j:plain

元号「令和」が発表された昨年4月1日、

あの日から始まった私の会長ブログも今日で最終回、

閏年ですので366回目です。

 

この1年間、とにかく西条YEGを最優先で考え、

動いてきました。

私の大好きな先輩、

村上歴代会長の言葉、

「高瀬会長、1年間は誰よりも西条YEGを、メンバーを愛する1年になるよ」

まさに、その通りでした。

 

多くの壁にぶつかり、悩むこともありました。

でも、全ては西条YEGのため、

西条YEGメンバーのためと思い考え動いてきました。

 

普通に生活していたら出来ない経験の連続、

そして決断の連続、

感謝しかありません。

この経験を必ず西条YEGに西条市に、

もちろん自企業に活かしていきます。

 

次年度会長予定者として動き出してから、

楽しいことやしんどいこと、

本当に数多くの経験をしてきた1年と4か月。

振り返ればキラキラと光る、

夢のような時間でした。

 

YEG活動を通して出会った多くの皆さん、

全国各地のYEGメンバーのみんな、

そして、西条YEGのみんな、

本当にありがとうございました。

 

そして、家族のみんな、

家に居ないことが多く迷惑を掛けたのに、

いつも「会長頑張って」と応援してくれて、

本当嬉しかった。

お陰様で何とか完走出来ました、

本当にありがとう。

 

明日からは白石年度「自他共栄」が始まります。

新型コロナウイルス感染症により、

先行き不透明で非常に厳しい状況が続いています。

そんな中ではありますが、真面目で真っすぐな彼が、

西条YEGの先頭に立って、

創意と工夫・勇気と情熱を持って活動していくと思います。

これからも西条YEGをよろしくお願いします。

 

1年間、本当にありがとうございました。

f:id:yusuke-takase:20200317183103j:plain

西条商工会議所青年部 

第38代会長 

高瀬裕介

 

ありがとう

「会長」

そう呼ばれるのも後1日半となりました。

西条YEGに関わる全ての皆さん、

そして何より西条YEGメンバーのみんなのおかげで何とかここまで来れました。

f:id:yusuke-takase:20200328182307j:plain

YEG経験や他団体での会合のなどの経験も少なく、

自企業も家族経営の小さな店。

100名のメンバーの先頭で引っ張っていくことが出来るのか?

もちろん自信はありました。

でも、

正直不安でいっぱいでした。

f:id:yusuke-takase:20200328182322j:plain

会長とは多くのメンバーの意見を聞き、

会全体を見回し、

また個人を見て、

西条YEGにとって最良の選択をする必要があります。

f:id:yusuke-takase:20200328182336j:plain

言葉にしたら簡単ですが、

本当に、

予想していた以上に大変でした。

f:id:yusuke-takase:20200328182351j:plain

何かを決めるのに、

全員にいい顔は出来ない。

そういった場合が多く、

この意見を通すために、私の意見を通すためには、

誰かに我慢してもらう必要がある。

そういった決断の連続でした。

f:id:yusuke-takase:20200328183039j:plain

その度に、

メンバーに助けられる日々。

こんなにメンバーに助けてもらった会長は歴代いないのではないかな?

f:id:yusuke-takase:20200328183054j:plain

また、私は社交性がなく、

気軽に話すことが苦手で、

私と会話の少なかったメンバーもいると思います。 

f:id:yusuke-takase:20200328183109j:plain

もっと多くのメンバーと、

もっと多くの言葉を交わしていたら、

また違った活動が出来たのかもしれません。

そんなことも思います。

f:id:yusuke-takase:20200328183213j:plain

ただ、各委員会の打ち上げに参加した時に、

メンバーと話をしたり、

メンバーの笑顔を見ていると、

私なりにですが、会長職を出来ていたのかな?

そんな気もします。

f:id:yusuke-takase:20200328183124j:plain

先頭に立って引っ張っていくはずが、

いつの間にか、みんなに背中を押されていた、

メンバーに支えて貰った1年間でした。

f:id:yusuke-takase:20200328183320j:image

 

満笑一致からの2割増委員会のみんな、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200328161327j:image

ケミストリー委員会のみんな、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200328165813j:image

CHASE THE CHANCE委員会のみんな、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200329073749j:image

商魂委員会のみんな、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200328161352j:image

わらしべ委員会のみんな、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200330092050j:image

運営専務の2人、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200328171452j:plain

余吾事務局、

本当にありがとう。

f:id:yusuke-takase:20200328162223j:plain

西条YEGのみんな、

支えてくれて、助けてくれて、

そして共に活動してくれて、

本当に、ありがとうございました。

f:id:yusuke-takase:20200328163530j:image